1. TOP
  2. 【日田市】観光・グルメおすすめスポット

【日田市】観光・グルメおすすめスポット

 2016/09/28 グルメ レジャー この記事は約 9 分で読めます。

江戸時代は天領として栄えた風情が残る九州の小京都。江戸、明治期に建てられた商家が立ち並ぶ豆田町や湯宿が立ち並ぶ三隈川沿いを散歩したり、2大飲料工場を見学したりと見どころ満載です。それでは日田の旅に出かけてみましょう。

Sponsored Link

日田豆田町の【草野本家】

hita_kusanohonke

大分県最古の豪商の屋敷として知られている草野本家。2009年に国の重要文化財に指定されています。お雛祭り、端午の節句、祇園祭、天領祭りの年4回のみ一般公開されています。お雛祭りの時期は江戸期の雛人形178体を展示、中でも42体で1セットの御殿雛は必見です。

草野本家
住所:大分県日田市豆田町11-4
電話:0973-24-4110

日田豆田町の【廣瀬資料館】

hita_hirose3江戸時代の儒学者で日本最大規模を誇る私塾「咸宜園」を開いた廣瀬淡窓(ひろせたんそう)と実業家の弟・久兵衛の生家。廣瀬家の諸道具や骨董など約500点を展示しています。

住所:大分県日田市豆田町9-7
電話:0973-22-6171
営業時間:9:00~17:00
休み:月曜日(祝日の場合は翌日)、年始、臨時休館有。但 し10月・11月・2月・3月は無休

日田豆田町の【岩尾薬舗 日本丸館(にほんがんかん)】

hita_nihonmaruhita_nihonmaru3
江戸末期・安政2年(1855年)に創業、日の丸をイメージする「日本丸(にほんがん)」(
心臓と熱さましなどの特効薬)で知られる薬の資料館です。江戸時代から増改築を重ねた木
造3階建ての建物は国の登録有形文化財に指定をされています。明治、大正に販売された薬
のパッケージや製薬資料などが展示されています。

岩尾薬舗 日本丸館
住所:〒877-0005 大分県日田市豆田町4-15
電話: 0973-23-6101

赤司日田羊羹本舗(あかしひたようかんほんぽ)

hita_akashi明治24年(1891)創業。昔ながらの製法で丁寧に作られる赤司の日田羊羹は、日が経つと表面が糖化して白くなるのが特徴です。100年以上に渡り愛されている羊羹!豆田町に来たらぜひ赤司の羊羹をお土産にどうぞ。

住所:大分県日田市豆田町8-15
電話:0973-22-2240
営業時間:9:00~17:00
休み:水曜日、他不定休あり

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • 【大分市】の温泉 キレイになれる温泉特集

  • 「今思い返しても赤面しちゃう、はずかしかったコト」

  • 大分といえば!海の幸・山の幸人気グルメ9選

  • お城女子必見!「荒城の月」を作曲した瀧廉太郎ゆかりの岡城跡

関連記事

  • トマトのコンポートゼリーレシピ【人気ランキング】

  • 宇佐市の人気観光スポット

  • 和風スイーツ 秋ぶどうの白玉包みレシピ

  • 別府温泉に行ったら必ず立ち寄りたい!地獄めぐり8選

  • 【大分県】福澤諭吉・黒田官兵衛ゆかりの町、中津へようこそ

  • 【大分】津久見市は魅力満載!青い海と山の恵みと絶景ポイント