1. TOP
  2. 病気と思考の関係

病気と思考の関係

美容/ダイエット この記事は約 2 分で読めます。

季節の変わり目は体調を壊す方が多いようです。
今日も朝から「ダル重~」と何だか元気がなく「あ~もう歳かな~?もしかして病気?」などと感じたことはありませんか?
不安に思った私は、Dr.うっちーことかこた治療院の内尾先生に聞いてみました。

今回のテーマ「病気と思考」

幸せ、豊か、恵まれているうっちーです。
今回は、“病気と思考の関係”についてお話しさせていただきます。 よく、病(やまい)は気からと言いますが、気力が落ちると病気になります。

落ち込みやすい人、考え込む人、悩む人、悔やむ人は病気になりやすいと思われます。 そして病気には、病(やまい)で気づきなさいという意味があります。

心身医学(心と体の医学)では、“病気は心の滞在的な部分からの現れ”と、とらえています。  病気になり、良くなった人は必ず、心の部分に変化が起こるのです。気づく人もいるし、気づかない人もいる。気づいた人は同じ病気にかかりにくくなりますし、気づかない人はまた同じ病気や同じ部分が痛くなったりします。

例えば、目は見る器官です。イヤなものから目を反らし、見てみぬフリをしたり、人をいつも疑って見ていると、目が悪くなるといったふうに。

皆さんは大丈夫ですか? 体は車に似ているかも。たまには病院や整骨院、エステやリラクゼーションでメンテナンスをして、体を労ってあげましょう。

かこた治療院  公式サイトはこちら

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

大分から世界へ!きてみて大分【Tomato】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大分から世界へ!きてみて大分【Tomato】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • 「こんな夢で目が覚めた!」

  • 大分県の郷土料理なのに「りゅうきゅう(琉球)」?

  • 別府 志高湖・キャンプ場で大自然を満喫

  • 【神楽女湖】菖蒲が美しい季節

関連記事

  • 冷え性や腰痛のお悩みはありませんか?

  • リンパマッサージの効果と簡単なやり方!自分で揉むだけでお悩み解決

  • 良く閃く人

  • 「言葉」の大切さ

  • 酵素の性質!?今さらだけど、なぜ体にいいの?

  • 人を喜ばせることの大切さ