1. TOP
  2. まぐろと言えば、保戸島!大分の島めぐりはココだ

まぐろと言えば、保戸島!大分の島めぐりはココだ

 2016/09/07 グルメ レジャー この記事は約 6 分で読めます。

大分県が誇る島の1つでもある津久見市の保戸島は、まぐろ漁業で有名な島です。明治中頃に始まったマグロ漁業で、現在も日本各地で多くのマグロを水揚げしています。そして釣り好きにはたまらない穴場がいっぱいです。では、知る人ぞ知る!魅力的な保戸島のマグロツアーに出かけてみましょう。

Sponsored Link

なぜ保戸島って呼ばれているの?

hoto1

津久見港から約14kmの豊後水道に浮かぶ島で、周囲4km、面積0.86k㎡、人口約900人。
保戸島の名前の由来は、景行天皇が美しい海藻に感動し、「最勝海藻の門(ほつめのと)」と名付けた名前の最初と最後をとって「保戸島」になったといわれています。

未来に残したい漁業漁村、保戸島

tsukumi_boat

港から山への傾斜面に3~4階建ての住宅が並んでいて、外国の漁港を思わせる景観。日本のナポリとも言われているそうです。
また、その保戸島の漁村・漁民の歴史、文化、景観が「未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選」に選ばれました。

まぐろ料理

hoto8

保戸島で「まぐろ」をとことん味わいたい人はコース料理がおすすめです。
津久見市で有名な「ひゅうが丼」をはじめ、まぐろの心臓の鉄板焼ステーキやコラーゲンたっぷりのかぶと焼きなどまぐろの珍味が堪能できます。

tsukumi_maguro

tsukumi_maguro2

hoto9

名前:穂門島大川
住所:津久見市大字保戸島1120番地
電話:0972-87-2024
コース料理 2,700円~(要予約)70席

 

加茂神社

hoto3

島の守護神として京都上賀茂神社から別雷神(わかいかずちのかみ)が勧請されました。天文4年(1535)の創始と伝えられています。

hoto6

加茂神社

加茂神社の夏季大祭|保戸島夏祭り

tsukumi_hotojima1

京都上賀茂神社の分霊を祀った賀茂神社の夏季大祭である保戸島夏祭り。7月の2日間にわたって行われる夏祭りは、神楽、魚のつかみ取り、ゴムボートレースや花火が打ち上げられ多くの島民と観光客で賑わいます。

tsukumi_kamojimjya

美しい浜辺

hoto5

保戸島には美しい自然海浜「瀬の浜」や奇岩「高甲岩」があります。潮風を感じながら浜辺を散歩してみませんか?美味しい料理と自然豊かな保戸島に日頃の疲れが癒されること間違いなしです。

津久見から保戸島への行き方

hotojimatizu

【津久見~保戸島航路】1日6便/所要時間25分
■料金/大人 片道 860円・小人 片道 430円
■運航について
日曜、祝・祭日も休まず運航します。
(1月1日、2日は臨時便のみ運航します)
※天候状況によっては急きょ変更・欠航することがございます。
荒天の場合はお問い合わせください。

hotojimajikoku
■航路に関するお問い合わせ
(有)やま丸津久見事務所?0972-82-2507※JR津久見駅から徒歩5分

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

大分から世界へ!きてみて大分【Tomato】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大分から世界へ!きてみて大分【Tomato】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • 簡単!カルボナーラ レシピ

  • 【プロ直伝】本格ティラミスタルトの作り方

  • イタリア料理 いわしのベッカフィーコ

  • 【童話の里】玖珠町でのんびり散歩! 

関連記事

  • 【国東半島】神様、仏様に逢いに行こう

  • チンジャオロースの作り方

  • 簡単!カルボナーラ レシピ

  • 佐伯の縁起のいい島、大入島を知り尽くそう

  • 懐かしい昭和の時代!豊後高田市の「昭和の町」にGO!

  • 【大分空港編】大分に遊びに行こう!