1. TOP
  2. 酵素の性質!?今さらだけど、なぜ体にいいの?

酵素の性質!?今さらだけど、なぜ体にいいの?

 2017/06/18 美容/ダイエット この記事は約 5 分で読めます。

「朝のスッキリに!」「ダイエットに!」「美容に!」とテレビCMなどで酵素が体にいいと見たり聞きたりしますが、そもそも酵素って何?

なんでみんな「酵素ドリンク」「酵素サプリ」って言うの?
何をどのくらい摂ればいいの?
日常の食事から摂れないの?

いろいろと疑問に思った私は調べてみることにしました。

Sponsored Link

酵素って何?

体内でつくられる酵素は大きく分けると「消化酵素」と「代謝酵素」の2つがあります。

毎日の食事で口に入った食べ物は、唾液の中に含まれるアミラーゼという消化酵素で分解されます。
このアミラーゼはデンプンを分解する酵素で「消化酵素」と言われています。

「代謝酵素」は吸収された栄養を体の中に行きわたらせ、日常生活を有効に働けるようエネルギーに変えてくれます。

酵素は日頃行っている「食物の分解」や「呼吸する」「筋肉を動かす」など生命活動に欠かすことのできないものなのです。

そして体の外にある酵素を「食物酵素」といいます。生の食べ物や発酵食品に酵素が含まれていて、加熱した食品を一緒に食べることで消化を助けてくれるようです。

酵素とサプリの関係

現在、ビタミン系やミネラル系など、体のためになんらかのサプリを摂っている方が多いと思いますが、飲んでみていかがですか?

良く聞くのが、「効いているか分からない」、「何となくいいかも」と今ひとつ効き目が実感できていない方もいるのではないでしょうか?

実は、いくら高価なサプリメントを摂っても、酵素の働きが弱いと、体の中でうまく回らないのです。酵素を積極的に摂って吸収力をアップさせ、はじめて質の高いサプリを取り込むことができます。

酵素の温度(デメリット)

酵素は熱にとても弱く、加熱された食べ物では酵素がなくなってしまいます。一般的に酵素が耐えられる温度は50度から70度と言われています。
毎日の食生活では加熱した食事ばかり食べていると酵素不足になってしまいます。
酵素を意識した「生」を心がけたいものです。

酵素と身近な発酵食品

酵素は48度以下で活動すると言われているので生で摂取することが鉄則です。
でも、生ものってどんなもの?

それは特別なものではなく、野菜、果物、肉、魚などの生ものや味噌、納豆、ぬか漬、キムチけなどの発酵食品には多く含まれています。

日本が昔から使ってきた発酵食品や調味料。
身近な食材で言えば、味噌、醤油、みりん、酢、甘酒、ぬか漬け、かつおぶしなどです。

発酵食品には発酵段階で酵母が生まれます。酵素が熱に弱いのに対して酵母は加熱しても100度まで生きるそうです。私たちに馴染み深い食事から簡単に摂取することが可能なんです。

酵素は栄養を体を動かすためのエネルギーに変えるのに対し、酵母は腸の中で微生物を分解をし、酵素を生産するなど複数の働きをします。ぜひ熱に強い発酵食品を摂って酵素のお手伝いをしてもらいましょう。

酵素と食事!朝にフルーツがいい理由

朝のフルーツは「金」、昼は「銀」、夜は「銅」と言われるように、フルーツは朝に摂るのが適しています。
それにフルーツは消化吸収が早いので、短時間でエネルギーとなります。

食べ物に含まれている酵素は「食物酵素」と呼ばれ、フルーツでは、リンゴ、バナナ、キウイ、アボカド、パイナップル、イチゴなどに多く含まれています。
フルーツに多く含まれているビタミン類は、健康や美容のためにはかかせません。また食物繊維が豊富なので、女性や高齢者に多い便秘の解消にも繋がります。

食物酵素って何?

生ものに多い「食物酵素」ですが、食べるとどうなるのでしょうか?
どうやら胃で消化されてしまうようです。生ものから酵素を摂ったからと言って体内の酵素を補うことは期待できなということです。

ですが、この食物酵素を摂ることで、他の栄養を強化し体内酵素を活性化させ健康を維持するために役立つと考えられています。この食物酵素は直接的ではありませんが、間接的に体をサポートしてくれるので積極的に摂りたいものです。

酵素で血液サラサラ

酵素は1種類だけでなく、現在発見されている酵素は約3000種類もあると言われています。そして1つ1つ酵素の仕事は違うようです。

例えば、最初にお話しをした唾液中のアミラーゼという酵素は、デンプンを分解できますがタンパク質は分解できません。
タンパク質を分解してくれる酵素は別にありプロテアーゼと言います。

酵素それぞれには沢山の役割があるのですが、体の中に酵素が不足すると血液が汚れてしまい、病気の元にもなりかねません。ドロドロとした汚れた血液にならないためにも酵素が必要です。

お悩み解決!酵素で7つの元気

・新陳代謝を促し痩せやすい体になる

・食物の消化や吸収を助ける

・腸内環境を整える

・お肌のコンディションがよくなる

・冷え性改善につながる

・疲れにくくなる

・免疫力がつく

このように日頃女性たちが悩んでいるお悩みの解決策に繋がりそうですね。

食べ合わせで酵素の補給

酵素は熱に弱いので、揚げたり焼いたりすると無くなってしまいます。ですが、焼き魚に大根おろしを添えるなどすることで、簡単に補うことができます。

・魚の塩焼きに「大根おろし」や「かぼす」
・揚げ物に「レモン」
・とんかつに「キャベツ」
・お肉に「ニンジン」、「クレソン」、「しそ」、「レタス」
・お寿司に「ガリ」

1日どのくらい酵素を摂ればいいの?

厚生労働省が発表している野菜の1日の目標摂取量は350g、果物200gとかなりの量なのですが、毎日この量の生野菜を食べるのは結構キツイですね。

そこで、野菜や果実をジューサーにかけて摂ると簡単です。栄養素の破壊が少ない低速回転の圧搾式ジューサーがオススメです。食事の工夫をして毎日の摂取量を確保したいものですね。

まとめ

酵素は、体の機能や健康維持のためにとても大切なことが分かりました。
工夫することで日頃の食生活の中でも摂取することができるので安心です。でも、どうしても忙しすぎて食事だけでは酵素を摂ることができない方は、サプリメントで補う方法もあります。
毎日の健康と美容のために意識しながら積極的に摂りたいものですね。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • トマトのコンポートゼリーレシピ【人気ランキング】

  • ラタトゥイユのせ洋風冷奴レシピ【人気ランキング】

  • チキンのトマト焦がしバターソースレシピ【人気ランキング】

  • 宇佐市の人気観光スポット

関連記事

  • 人を喜ばせることの大切さ

  • ありがとう!

  • 話題の「シミウス」は効果なし?40代シミを消したい私が思うこと

  • 「言葉」の大切さ

  • 炭酸水がすごい!美容やダイエットに炭酸水がおすすめな理由

  • 病気と思考の関係