1. TOP
  2. 【国東半島】神様、仏様に逢いに行こう

【国東半島】神様、仏様に逢いに行こう

 2016/11/07 レジャー この記事は約 11 分で読めます。

大分県の国東半島(くにさきはんとう)には数々の古刹が点在しています。「六郷満山」と呼ばれる仏教文化が息づく仏の里。33の寺院と巨大な磨崖仏や仁王像など国内の7割を占めると言われる幽玄な石像を見ることができます。それでは、国東の歴史の旅をスタートしてみましょう。

Sponsored Link

六郷満山文化(ろくごうまんざんぶんか)

六郷満山とは、国東半島の六郷にある寺院の総称で、宇佐神宮の八幡信仰などが融合した神と仏の習 の仏教文化のことを六郷満山文化と呼んでいます。「六郷」は、国東半島内の来縄(くなわ)・伊美(いみ)・国東(くにさき)・安岐(あき)・武蔵(むさし)・田染(たしぶ)の6つの郷を「満山」は山全体が仏の浄域であることを表しています。現在でも10年毎に峰入りの荒行が行われています。

熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)/ 豊後高田市

bungotakada_kumanomagaibutu

胎蔵寺から300mほどの遊歩道を歩くと鬼が一夜で築いたとされる99段の険しい石段があります。その石段を登ると2体の磨崖仏が出迎えてくれます。約8mの高さのある不動明王と約6.8mの大日如来像が佇んでおり、国の史跡、重要文化財に指定されています。

99段の石段の物語

bungotakada_kumanomagaibutu2

その昔、鬼が造ったという石段は、人間を食べたい鬼が熊野権現という神様に人間を食べたいとお願いしたことがはじまりです。神様は「人間を食べたければ、日暮れから鶏が鳴く翌朝までに100段の石段を造れ」と命じ、できなかったらお前を食い殺すと無理難題を突きつけました。
しかし、人間を食べたいあまりの鬼は99段まで石段を造り、あと残り1段に驚いた神様は鶏のマネをして鳴き鬼を諦めさせたというお話です。

熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)
住所:大分県豊後高田市田染平野2579
電話:0978-26-2070
拝観時間:[5月~10月] 8:30~17:30
[11月~4月] 8:30~17:00
休日:要確認
拝観料:必要
アクセス:JR中山香駅より車で10分

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • かぐや姫の物語のような世界。大分県の観光スポット竹灯籠「竹楽」が幻想的で人気度アップ。

  • 日田観光 千年あかり

  • 【大分】女子限定!お得な早めの忘年会!

  • 【大分市】の温泉 キレイになれる温泉特集

関連記事

  • 【大分県】杵築の情緒豊かな城下町を散策

  • 大分県竹田市の人気観光スポット6選!有名な場所はココ

  • 【大分の人気スポット】くじゅう連山は登山のメッカ!

  • 【大分の旅】湯布院散策。荷物を預けて手ぶらで遊ぼう!

  • 国宝!宇佐神宮 大分のパワースポット八幡さまの総本宮

  • 【大分観光】紅葉絶景ポイント&観光スポット24選