1. TOP
  2. 【別府観光】神楽女湖の菖蒲が美しい季節

【別府観光】神楽女湖の菖蒲が美しい季節

 2017/06/21 レジャー この記事は約 3 分で読めます。

別府市にある神楽目湖では毎年みごとな菖蒲の花が咲き誇ります。
約80種類、15000株の花菖蒲が湖を淡い紫色に染め上げます。観賞会の期間には音楽演奏やお茶、神楽女だんごなどのサービスも行っています。

Sponsored Link

観賞時期

観賞期間:平成29年6月3日(土)から平成29年7月2日(日)
場所:別府市神楽女湖
駐車場:500台収容可能
住所:大分県別府市枝郷4382
問い合わせ:0977-25-3601 (志高湖野営場)

アクセス

車:JR別府駅⇒神楽女湖(所要時間:約30分)
別府IC⇒志高湖方面(所要時間:約20分)

臨時バスの運行

期間:6月10日(土)から6月25日(日)の土・日曜日のみ
運賃:
(別府駅西口発:片道) 大人:550円 子ども(小学生以下):280円 ※保護者同伴の未就学児は無料
問い合わせ:
亀の井バス(株)別府営業所 TEL:0977-23-0141
※「別府駅西口③乗り場」より発車します。
※花の開花状況により運行期間を変更する場合があります。

時刻表

別府駅西口発   神楽女湖着
10:00  ⇒  10:30
11:15  ⇒  11:45
12:45  ⇒  13:15
15:00  ⇒  15:30
16:20  ⇒  16:50

神楽女湖発   別府駅西口着
10:40  ⇒  11:10
12:10  ⇒  12:40
14:25  ⇒  14:55
15:45  ⇒  16:15
17:00  ⇒  17:30

神楽女湖の地図

まとめ

神楽女湖の名前の由来は、平安時代に鶴見岳社の歌舞女がこの湖のほとりに住んでいたためといわれ、神秘と伝説に包まれた湖です。

神楽目湖の水沢には、古池でないと生息しない、ひつじ草や菖蒲、推移の変化に適応するヨシマコモ等の水沢特有の植物が群生しています。
カイツブリ、カワセミ、キセキレイ、カルガモ、マガモ、チドリなど約30種類の野鳥が確認されています。この季節にぜひ訪れてみてください。

花菖蒲の花言葉・・・「うれしい知らせ」「優しい心」「優雅」

 

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

大分から世界へ!きてみて大分【Wow! Oita】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • トマトのコンポートゼリーレシピ【人気ランキング】

  • ラタトゥイユのせ洋風冷奴レシピ【人気ランキング】

  • チキンのトマト焦がしバターソースレシピ【人気ランキング】

  • 宇佐市の人気観光スポット

関連記事

  • 大分くじゅう観光オススメ|人気の絶景ドライビングコース

  • 【大分】津久見市は魅力満載!青い海と山の恵みと絶景ポイント

  • 【大分空港編】大分に遊びに行こう!

  • 【大分の旅】湯布院散策。荷物を預けて手ぶらで遊ぼう!

  • 国宝!宇佐神宮 大分のパワースポット八幡さまの総本宮

  • 【大分観光】「猫の島」一度は訪れたい猫パラダイス!深島