1. TOP
  2. グルメ
  3. 大分県の郷土料理なのに「りゅうきゅう(琉球)」?

大分県の郷土料理なのに「りゅうきゅう(琉球)」?

 2017/06/21 グルメ この記事は約 2 分で読めます。

大分の新鮮な魚の刺身を醤油ベースの漬け汁に浸したものをアツアツのご飯にのせて頂く郷土料理です。名前の由来は「沖縄(琉球)から伝わった」、「千利休に由来する」など諸説あり、本当のところは分かっていません。ですが、簡単でとてもおいしいのでお家で作ってみてくださいね。

材料(4人分)

魚・・・マグロ、ブリ、アジなど。今回はハマチを400g使用
みりん大さじ6杯
料理酒大さじ4杯
醤油大さじ4杯
砂糖大さじ4杯
小ネギ100g
炒りごま(量はお好みで)
生姜(スライスパック4枚)
刻み海苔(量はお好みで)
貝割れ大根(お好みでお使いください)

作り方

1.小鉢に醤油とみりん、料理酒、砂糖を入れ良くかき混ぜて、小ネギと炒りごま加えます。それに生姜をみじん切りにしたものをさらに加えてタレを作り、魚を適当な大きさに切り、このタレに混ぜて漬け込みます。

①を冷蔵庫で1時間ほど寝かせ、炊きたてのホカホカご飯の上に魚をのせ、タレをお好みの量かけます。トッピングにきざみ海苔と、お好みで貝割れ大根を乗せてできあがり。

まとめ

甘ダレ仕込みなので、魚嫌いのお子様にもオススメ。砂糖は残らないようしっかり混ぜるのがコツですが、うまくいかない時は醤油とみりん、料理酒を軽く火にかけ、温めて混ぜると良いでしょう。

トッピングに生卵をかけても、また格別の味が楽しめますよ!
「丼」としてご飯の上にかけなければ、そのまま「琉球」として美味しいお酒の肴にもなります。「琉球丼」はとってもシンプルで簡単、余りもののお刺身も活用できるお手軽な節約料理でもあります。

Sponsored Link

\ SNSでシェアしよう! /

きてみて大分【OITA JAPAN】 の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

きてみて大分【OITA JAPAN】 の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
Sponsored Link

この人が書いた記事

  • 豊後高田市 富貴寺(ふきじ)

  • 臼杵市「国宝臼杵石仏」

  • ストレス肌の悩み解決 乾燥による老け顔対策!

  • 2019年 姫島盆踊り

関連記事

  • チンジャオロースの作り方

  • 【簡単】山菜 こごみレシピ

  • おいしい豚ロースのロールステーキ

  • 【別府観光】別府の温泉やレジャーが楽しい!

  • 「パン作り」初心者さんでも簡単&美味しいパンレシピ

  • 大分市で人気の観光スポット